『使ってみて良かった』と言われる商品の開発を模索しておられる企業とのコラボレーション

 商品開発と商品評価システムの考え方

  従来の商品評価            新商品 開発

 生活者は、使用する商品を、まず物として力学的側面から、つぎに生理学的側面から、さらに、心理的な側面から、総合的に快適性の評価を行なっています。
 私たちは、これらの活 動を「脳筋肉コミュニケーション」と捉え、力学的・生理学的・心理学的な側面から現在の動作や従来の商品を評価し、その結果から合理的な動作の抽出や使いやすい商品の開発に応用しようとするものです。

開発から制作まで一貫した受託や、共同開発など、お客様のニーズに合わせた形態でお受けいたします。 お気軽にお問い合わせ下さい。
   
  商品開発のコア技術

開発商品