そ〜かいくん黒糖

沖縄のそ〜かいな空からのおくりもの・沖縄の塩、サンゴカルシウム入り黒糖菓子

高温、多湿などの環境下でのパフォーマンスには、発汗にともなう水分・塩分の補給がかかせません。 「そ〜かいくん黒糖」は、黒糖の美味しさとともに、手軽に塩分補給ができます。原材料を厳選し、美味しさを 追求しました。口に含みやすい「そ〜かいくん黒糖」と一緒に水分も摂っていただきますと、水分・塩分とも補給ができます。 (株式会社プロップ様協力)

沖縄からのおくりもの・そ〜かいくん黒糖

「そ〜かいくん飴」の効果

実験方法

福井県工業試験センターの人工気象室にて、日本の7月第3週を想定した過酷な作業環境化(環境賞基準:厳重警戒)で、 健常成人20名に3時間作業をしてもらいました。この間、全員に水分は自由に摂取してもらいましたが、うち10名には、 さらに塩化ナトリウム6.7%を含む「そ〜かいくん飴」を1時間ごとに1粒食べてもらいました。

実験結果(左グラフ参照)

作業開始後より多量の発汗が始まり、その汗の中には多くのナトリウムが含まれていました。しかも、 作業が進むにつれて汗中のナトリウム濃度がどんどん増加していくことが分かりました(グラフ参照)。これは、 発汗とともに多量のナトリウムが喪失される事を示し、このような条件下で作業をする場合には、水分補給に加えて 適切なナトリウム補給がとても大切である事をあらわします。

人間の心拍数は、精神的・肉体的ストレスによって上昇しますが、作業中、塩化ナトリウムを6.7%含有する 「そ〜かいくん飴」を摂取した人たちは、その間、脈拍数が安定して経過する傾向が認められました。適切な水分補給と 「そーかいくん飴」の摂取によって、高温・高湿度の過酷な環境下での作業による大量の発汗にも関わらず、3時間の間、 より少ない疲労で作業が行えたものと考えられます。

作業時間による汗中のNa濃度および心拍数についてのグラフ

「そ〜かいくん飴」の効果を大切にしながらも、さらに【おいしさと食べやすさ】を追求し、 黒糖菓子「そ〜かいくん黒糖」を新開発しました。原材料も @久米島沖の海洋深層水塩A沖縄県産のサトウキビを炊き上げた黒糖B沖縄の海で育ったサンゴの骨格が 砂状になって海底に堆積したサンゴカルシウムと、吟味に吟味を繰り返し集大成したものです。

4つのこだわりポイント

  • サイズ:口に含みやすい約2.6gにしました。
  • かたち:口から滑り落ちない様に、長方形にしました。
  • 食べやすさ:短時間で噛み砕く事ができます。
  • 原材料:美味しさを追求しました。

※ご注意

  • 本品をお召し上がりになる際は水と一緒にお召し上がり下さい。
  • 本品を召し上がった際、栄養吸収には個人差があります。
  • 本品は一般の菓子よりナトリウム濃度が高い為、高血圧・腎疾患など塩分摂取の制限がある方は、 お召し上がりにならないで下さい。